インプラント

歯を失ったらどんな治療方法があるの?

入れ歯

入れ歯総入れ歯と部分入れ歯があり、歯を全部失った時には総入れ歯、歯が1本でも残っている場合には部分入れ歯を使用します。 総入れ歯は、歯茎の上に床部分をのせて吸着させて固定します。 部分入れ歯は残りの歯に留め具を掛けて固定します。

ブリッジ

ブリッジ歯を失った部分の両隣の歯を削り、それを支えとして人工歯を橋渡しする方法です。

インプラント

インプラント歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、それを支えとして人工歯を被せて噛む機能を回復させます。

インプラントとは?

インプラントとは?インプラントとは、歯を失った部分の顎の骨に生体親和性の高い素材で作られた人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上に人工歯を装着させることでお口の機能の回復をはかる方法です。
顎の骨にしっかりと固定されるので、天然歯に近い噛み心地が得られ、入れ歯のように留め具が必要ないので自然な見た目となります。

インプラントと差し歯の違い

差し歯の場合、根っこが残っている歯に土台(コア)を形成し、その上に被せ物(クラウン)を被せることで機能や見た目を補います。
一方、インプラントの場合は歯を失った部分の顎の骨に直接人工歯根を埋入することになります。
つまり、歯の根っこ(歯根)が残っているかどうかで治療の適応が変わってきます。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット
インプラント治療のメリット・デメリット

  • 天然歯のような良好な噛み心地
    顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入してしっかり固定するので、天然歯のような良好な噛み心地が得られ、硬いものでしっかり噛めるようになります。
  • 他の健康な歯に負担をかけない
    入れ歯のようにまわりの歯に留め具を掛けたりする必要がなく、治療部位が歯を失った部分に限られているので、他の健康な歯に負担をかけずに済みます。
  • 見た目が自然
    留め具を使用する必要がないため、自然な見た目に仕上がります。
デメリット
  • 自費診療なので費用がかかる
    インプラントは保険適用外なので費用がかかります。
  • 外科手術が必要
    インプラント体を埋入するために、外科手術が必要になります。
  • 治療期間が長い
    ブリッジや入れ歯と比べて治療期間が長くなります。

インプラントは誰でもできるの?

インプラントは誰でも受けられる治療ではなく、顎の骨の状態などにより適応とならない場合があります。

1)顎の骨の量が足りない

歯周病などの影響により、顎の骨の量が少なくなっている場合にはインプラントが受けられない場合があります。
ただし、「骨造成」という骨を増やす方法で対応できる場合もありますので、まずは一度お気軽にご相談ください。

2)金属アレルギーがある

インプラントで顎の骨に埋入するのは「チタン」という生体親和性の高い金属ですが、それでも金属アレルギーがあるとトラブルが起こる可能性がありますので、チタンアレルギーの場合にはインプラントを受けることはできなくなります。

3)喫煙習慣がある

喫煙はインプラントの成功率を低下させますので、基本的に喫煙者の方は適応外となります。

4)矯正治療を受けられている方

現在、矯正治療を受けられる方、また矯正治療を受ける予定がある方は、事前にお伝えください。
矯正治療担当の先生と連携して治療を行う必要があり、インプラント治療後、矯正治療を行うのは困難なケースもあります。

5)未成年の方

インプラントは顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入する治療になりますので、顎の骨がまだ成長過程にある未成年の方は適応とならない場合が多いです。

6)骨粗しょう症の方

骨粗しょう症にかかっていて、骨量が低下している場合、インプラントの成功率が低下するとされています。

7)高齢者・全身疾患がある方

基本的にインプラントに年齢制限はありませんが、ご高齢のなると基礎疾患をお持ちの場合が多く、糖尿病や高血圧、狭心症などの全身疾患があるとインプラントの成功率が下がります。

インプラントって寿命があるの?

インプラントって寿命があるの?インプラントは優れた治療方法ですが、それでも「一生もの」ではありません。
治療後、きちんとメンテナンスを受けないとインプラントのまわりに汚れが溜まり、
天然歯で起こる歯周病のような状態になることがあり、これを「インプラント周囲炎」と言います。
インプラント周囲炎になり、進行するとインプラントを支えている骨が溶けて抜け落ちてしまう恐れがありますので、せっかく入れたインプラントを失わないためにも、治療後も定期的に歯科医院でしっかりケアするようにしましょう。

インプラントはメンテナンスが重要

当院ではインプラントと歯茎の境目をクリーニングするなどして、汚れが溜まるのを防いでインプラント周囲炎を予防します。
さらにご自宅でのインプラントのケア方法をアドバイスして、末永く快適にインプラントをお使いいただけるようにサポートいたします。

当院のインプラント治療の流れ

1カウンセリング

カウンセリング今のお口のお困りごとをおうかがいしたうえで、インプラントの詳しい治療内容やメリット・デメリットなどをご説明いたします。

2CT撮影・3Dシミュレーション

CT撮影・3Dシミュレーション顎の骨を撮影して、安全にインプラント治療が行えるかどうか診断します。
また適切な埋入方法を決定するために事前に3Dシミュレーションします。

3治療流れの計画をもとにカウンセリング

治療流れの計画をもとにカウンセリングカウンセリングや検査結果をもとに、治療計画をご提案します。
この際、再度カウンセリングを行って、実際に治療を受けられるかどうか確認するほか、費用や治療期間の目安をお伝えします。

4サージカルガイドの作製

サージカルガイドとは、治療計画通りの位置・深さに人工歯根(インプラント体)を埋入するための装置です。
必要に応じてこれを作製し、安全にインプラントを埋入します。

5インプラント手術

インプラント手術歯茎を切開し、事前に計画した位置へ正確にインプラント体を埋入します。
なお、インプラントの手術方法には1回法と2回法があり、1回法ではインプラントの頭部を露出させた状態で手術を終え、2回法では歯茎の中へ完全にインプラント体を埋入します。

6インプラントと骨の結合

インプラントと骨の結合埋入したインプラント体が顎の骨と結合するまで待ちます。
患者様によって違いますが、結合を待つ期間は2~6ヶ月程度です。

7二次手術(二回法の場合のみ)

二次手術(二回法の場合のみ)再び歯茎を切開して、インプラント体の頭部を露出させ、そこに人工歯との結合部分(アバットメント)を装着させます。

8仮歯の作製

歯型取りを行って、仮歯を作製します。仮歯が完成したらそれを装着させます。
仮歯の段階で噛み合わせなどを確認し調整します。

9被せ物の装着

被せ物の装着再び歯型取りを行って、人工歯を作製します。
人工歯が完成したらそれをアバットメントに取り付けます。

10メンテナンス

インプラント治療終了後も、定期メンテナンスへお越しいただき良好な状態を保ちます。

『インプラント』よくあるご質問

インプラントは誰でも受ける事は可能なの?

インプラントは誰でも受けられる治療というわけではなく、顎の骨の状態や全身疾患の有無、金属アレルギーなどで適応とならない場合もあります。
インプラント治療が受けられるかどうか、適切に診断したうえでお伝えいたしますので、まずは一度お気軽にご相談ください。

インプラントは痛くないの?

人工歯根(インプラント体)を埋入するための外科手術が心配で、「痛いのでは…」と不安になる方も多いと思いますが、手術の際には局所麻酔を使用しますので、痛みを感じる心配はありません。
また術後も鎮痛薬を処方して痛みの緩和をはかります。

インプラントの費用

内容 費用
相談料
検査・診断料
インプラント1本
一番上に戻る
072-648-7577WEB予約
WEB予約072-648-7577
9:30~13:30
15:00~19:00

:土曜日 午前9:15~12:30
午後13:30~16:00

    休診日:水・日・祝

    • 電車でご来院の方阪急京都線『茨木市駅』徒歩7分
    • バスでご来院の方近鉄バス 茨木線『阪急茨木市南口』下車徒歩1分
ご予約・お問い合わせ072-648-7577

〒567-0825 大阪府茨木市園田町1-5 A PARTII 1F

しょうえい歯科 歯の年齢診断プロ