入れ歯・ブリッジ

入れ歯にこのようなイメージありませんか?

入れ歯にこのようなイメージありませんか?

  • 金属の留め具が目立つのでは?
  • 入れた時に痛みがあるのでは?
  • においがするのでは?
  • 歯が1~2本ないけど、入れ歯は必要?

歯を失ったところを放っておくと怖い・・

歯を失ったところを放っておくと怖い・・1~2本程度の歯を失っても、その部分を避けてものを噛むようにすれば食事することはできますが、それによりお口の中で様々な悪影響が起こるようになります。 歯を失ったまま放っておくことで起こる、お口の中のトラブルが次の通りです。

  • 歯を失った部分の両隣の歯が倒れてきて、歯並びの乱れの原因となる
  • 歯を失った部分と噛み合う歯が伸びてくる
  • しっかりものが噛めなくなる
  • きちんと発音できなくなる
  • お口の中のバランスが崩れて、それが全身にもおよんで肩こりや腰痛などの原因となる

歯を失った時の治療方法は3種類

取り外し式:『入れ歯』

『入れ歯』

『入れ歯』人工歯の付いた義歯を使って、お口の機能を補う方法です。
保険適用となり、治療期間も短くて済みます。

固定式:『ブリッジ』『インプラント』

『ブリッジ』

『ブリッジ』歯を失った部分の両隣の歯を削り、それを支台に人工歯を橋渡しします。
固定式の装置で、健康な歯を削る必要があります。

『インプラント』

『インプラント』歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上に人工歯を装着させます。
良好な噛み心地が得られますが、自費診療となり外科手術が必要になります。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違いについて

入れ歯 ブリッジ インプラント
安定感 定期的に調整が必要になる ある程度の安定性はある 安定性が高い
違和感 × 装着時に違和感を覚えやすい ほとんど違和感はない 違和感なし
審美性 × 留め具が目立つなど、審美性は劣る 審美的に仕上がる 審美的に仕上がる
歯への影響 × 留め具を掛ける歯に負担がかかる × 両隣の健康な歯を削る必要がある 他の健康な歯に負担はかからない
治療本数 複数本数への治療が可能 × 歯を失った数が多いと使用は難しい 複数本数への治療が可能
手術 不要 不要 × 外科手術が必要
治療期間 短期間で治療可能 短期間で治療可能 × 治療期間が長い(2ヶ月から1年程度)
費用 保険適用(※ケースによっては不可) 保険適用(※ケースによっては不可) × 保険適用外(自費診療)

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 治療期間が短い
  • 保険適用なので費用が抑えられる

デメリット

  • 審美性が劣る
  • 装着時に違和感を覚えることがある
  • 天然歯と比べると噛む力が劣る
  • 総入れ歯の場合、食べ物の温度差や味が感じにくくなる
  • 留め具を掛ける歯に負担がかかる

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 固定式なのでぐらつきや外れなどのトラブルがない
  • 仕上がりが自然で、入れ歯よりも審美的
  • 両隣の歯を削るだけなので、手術が不要
  • 保険適用なので費用が抑えられる

デメリット

  • 歯を失った部分の両隣の歯を削る
  • 支台とする歯に負担がかかり、寿命を縮める恐れがある
  • 装置と歯茎の間に食べかすが溜まりやすい

当院で取り扱いのある入れ歯の種類

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯入れ歯の床部分をレジンで作製する入れ歯で、保険適用なので費用の負担が抑えられます。
ただし審美性は劣り、噛み心地や装着感に違和感を覚えることがあります。

目立ちにくい入れ歯:「ノンクラスプデンチャー」

目立ちにくい入れ歯:「ノンクラスプデンチャー」「クラスプ」と呼ばれる留め具のない部分入れ歯で、自費の入れ歯となります。
留め具がないので入れ歯が目立たず、口元の審美性が損なわれえるのを防げます。

金属床の入れ歯

金属床の入れ歯床部分に金属を使用した自費の入れ歯で、金属を使用することで剛性が確保されるため、入れ歯を薄く作ることができます。
入れ歯を薄く仕上げられるので装着時の違和感が抑えられ、金属の使用により熱伝導率が高まり、食べ物の温度差が自然に感じられ食事が美味しく味わえます。
ただし、使用する金属の種類によっては金属アレルギーの原因となる場合があります。

入れ歯のお手入れポイント

ポイント①入れ歯を外して丁寧にブラッシング
入れ歯のお手入れポイント

入れ歯をお手入れする時は、装着したままではなく、一度入れ歯を外して丁寧にブラッシングするようにしましょう。 この時、力を入れて磨きすぎると入れ歯が傷ついてしまいますので、天然歯と同じように優しくブラッシングするようにしましょう。

ポイント②残りの歯も丁寧にブラッシング

部分入れ歯で留め具を掛けている歯は、特に汚れが溜まりやすいので、丁寧にブラッシングするようにしましょう。 残りの歯を大切に守り続けるためにも、ご自宅でのケアと合わせて歯科医院でメンテナンスを受けられるようにしてください。

入れ歯をお手入れしないとどうなる?

入れ歯のお手入れをおろそかにすると、入れ歯の隙間に汚れが溜まって残りの歯で虫歯・歯周病を引き起こす場合があります。 またお口の中が不潔な状態になると、歯茎が下がってせっかくお作りになられた入れ歯が合わなくなってしまう恐れがあります。 その他、入れ歯の変色や義歯性口内炎、口臭の原因となりますので、毎日きちんとお手入れして、いつまでも快適に使い続けられるようにしましょう。

入れ歯・ブリッジの費用

入れ歯

内容 費用
ノンクラスプデンチャー 1歯 77,000円
2−4歯 110,000円
5歯〜165,000円
保証期間半年
金属床 Co-Cr 290,400円
Ti 374,000円
保証期間2年
仮義歯 1-8歯 33,000円
9-14歯 44,000円
総義歯 55,000円
保証なし

ブリッジ

種類 費用
円( 年保証)
円( 年保証)
円( 年保証)
一番上に戻る
072-648-7577WEB予約
WEB予約072-648-7577
9:30~13:30
15:00~19:00

:土曜日 午前9:30~12:30
午後13:30~16:00

    休診日:水・日・祝

    • 電車でご来院の方阪急京都線『茨木市駅』徒歩7分
    • バスでご来院の方近鉄バス 茨木線『阪急茨木市南口』下車徒歩1分
ご予約・お問い合わせ072-648-7577

〒567-0825 大阪府茨木市園田町1-5 A PARTII 1F

しょうえい歯科 歯の年齢診断プロ