虫歯治療・無痛治療

『歯が痛い・・』『歯がしみる・・』『歯がズキズキ・・』虫歯治療が必要?!

虫歯とは?

お口の中で起こる病気として虫歯はよく知られていますが、「どうして虫歯になるのか?」はご存知でしょうか?
虫歯は細菌に感染することで起こる病気で、代表的な虫歯菌としてミュータンス菌というものがあります。
ミュータンス菌などの虫歯菌に感染し、これが食品の糖分などをエサに酸を作り出し、その酸によって歯が溶けるのが虫歯です。

「虫歯かな?」このような症状ありませんか?

「虫歯かな?」このような症状ありませんか?虫歯は早期発見・早期治療することで、歯を削らずに治すことが可能になります。
反対に進行してしまうと歯を削るだけでなく、歯を失う結果にも繋がりかねませんので、気になる症状がある時はできるだけお早めにご連絡ください。

次の症状に心あたりがある方は、虫歯の可能性があります。
しょうえい歯科 までご相談ください。

  • 歯の溝が白濁している
  • 歯の溝が茶褐色になっている
  • 冷たいものや温かいものがしみる
  • ものを噛むと歯が痛む
  • 歯が痛くてしっかりものが噛めない
  • ずっとズキズキと強い痛みがある

など・・・

虫歯を初期段階のうちに発見しましょう

虫歯の特徴として「初めはほとんど症状が現れない」というものがあり、痛みやしみるなどの症状をお感じになった時には、すでに虫歯が進行してしまった後かもしれません…。
早い段階で虫歯が見つかれば、負担の少ない治療で治すことが可能ですので、少しでも「おかしいな?」と思われたら
すぐに茨木市園田町のしょうえい歯科へご相談ください。

虫歯の『進行の段階』と『主な治療法』 について

進行段階 症状 主な治療法
CO
CO
虫歯のなり始めで、
この時にはまだ目立った自覚症状はありません。
正しいブラッシングでお口の中を清潔に保ち、かつ歯科医院で専門的なクリーニング(PMTC)フッ素塗布などの簡単な処置で治すことが可能です。
C1
C1
虫歯が進行してしまい、歯の表面(エナメル質)が溶け始めてしまっています。
この時もまだ痛みなどの症状はありませんが、
冷たいものがしみるようになる場合があります。
CO(シーオー)と同じように、ブラッシングクリーニングフッ素塗布などの簡単な処置で治すことが可能ですが、進行すると歯を削るなどの治療が必要になる場合がありますので注意しましょう。
C2
C2
エナメル質の下ある象牙質まで虫歯が進行して、この時になって初めて痛みなどの症状をお感じになる場合があります。
そのほか、つめたいものや甘いものがしみるようになります。
C2まで虫歯が進行してしまうと、通常、歯を削る治療が必要になります。
虫歯部分だけを削り、そこに詰め物(インレー)を詰めて歯を補います。
C3
C3
象牙質の中にある歯の神経(歯髄)まで虫歯が進行してしまっています。
こうなると何もしなくてもズキズキと強く痛むようになり、歯の神経が死んでしまうことになります。
虫歯に浸食された歯の神経を取り除き(根管治療)、歯を補うために被せ物(クラウン)を入れます。
C4
C4
虫歯により歯の見える部分(歯冠)がほとんど溶かされてしまっています。 この段階まで進行すると歯の神経が死んでしまっているため、一時的に痛みはなくなりますが、歯の根っこ(歯根)に膿が溜まってしまうと再度激しい痛みが起こります。 残念ながら、ここまで虫歯が進行してしまうと抜歯が避けられなくなることが多いです。
抜歯した後は、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどの治療でお口の機能を補い、抜歯後もきちんとものが噛めるようにします。

歯を残す治療』根管治療

『歯を残す治療』根管治療C3(神経の虫歯)まで進行してしまうと、歯の神経(歯髄)が虫歯菌に汚染されてズキズキと激しく痛むようになります。
そのまま放っておくことはできないため、抜歯が避けられなくなります。
こうした場合に、大切な天然歯を守るために行われるのが「根管治療」です。

根管治療とは、歯の神経が通る管(根管)から虫歯菌に汚染された歯の神経や汚染組織を取り除き、しっかり清掃・消毒した後、隙間なく薬剤を詰めて再感染を防止する治療です。
これにより、患者様の大切な天然歯を抜歯せずに済むようになる場合があります。
ただし、根管治療には時間がかかり、何度も通院していただくことになりますので、
一番は「ここまで進行させる前に、きちんと治療する」ことです。
なので、ちょっとでもお口の中で違和感を覚えた時は、すぐに当院へご連絡ください。

『痛くない・・』『怖くない・・』無痛治療

痛みを抑えた虫歯治療  無痛治療とは?

虫歯治療の時の痛みが心配」「歯医者さんでの治療が怖い」
そうした方にも安心して治療を受けていただけるように、当院では治療時の痛みをできる限り抑えた「無痛治療」を心がけています。

痛みを抑えた当院の治療の特徴

痛みを抑えた当院の治療の特徴

これで怖くない~ ①注射針を刺す前に『表面麻酔』 

治療時の痛みを抑えるために局所麻酔を使用しますが、麻酔注射の時の痛みを抑えるために、注射部位にあらかじめ表面麻酔を塗布して痛みを感じにくくします。

これで怖くない~ ②歯科専門の『麻酔電動注射

注射により麻酔液を注入する時、注入スピードにむらがあると痛みを感じやすくなります。
これを防ぐために、麻酔電動注射機を使用してコンピュータ制御で麻酔液の注入スピードを一定に保つようにしています。

これで怖くない~ ③麻酔時の針は『33Gの極細針』

33G(ゲージ)の針は歯科で使用されるもののうち最も細い径の極細針で、これを使って注射することで局所麻酔時の痛みを抑えるようにしています。

ご自身の歯を大切に・・
『虫歯の治療』より『虫歯の予防』へ

歯が痛くなくても歯医者へ通う習慣を

昔は「歯医者は虫歯になったら行くところ」と考えられていましたが、最近ではこれが変わりつつあります。
虫歯などの病気は治療で治すことができますが、治療のために歯を削ったり、抜歯したりしたものは二度と元の状態には戻せません。
現在では様々な方法で失った歯を補うことができますが、それでも天然歯に勝るものはないのです。

そうしたことから、「病気になってから通う」のではなく、「病気を予防するために通院して、大切な天然歯を守る」という考え方が浸透しつつあります。

症状がなくても3ヶ月に1回など、定期的に歯科医院へ通うことでお口の病気が予防できるようになり、
もし虫歯になった場合でも、早期発見・早期治療できるので歯への負担が抑えられるようになります。

『虫歯の予防』の効果はどれくらいあるの?

痛い虫歯や歯周病を未然に防ぐことが可能

予防・メンテナンスのために定期的にお越しいただくことで、歯を失うことに繋がる虫歯や歯周病が予防できるようになります。

口腔内のトラブルを早期発見・早期治療が可能

定期検診を受けることでお口の変化にいち早く気づけるようになるため、口腔内のトラブルの早期発見・早期治療に繋げられるようになります。

治療のための通院回数・期間が短縮、治療費も抑えることが可能

虫歯や歯周病が悪化すると大掛かりな治療が必要となり、通院回数や治療期間、費用などが増すことになりますが、予防・メンテナンスのために定期的にお越しいただいていれば、こうした治療が避けられるようになり、トータルに見た時、定期検診を受けていた方が治療費が抑えられます。

『虫歯治療』よくあるご質問

虫歯が原因で頭痛を引き起こすことはあるの?

虫歯の痛みがまわりへ飛び火することを「放散痛」と言い、これにより頭痛が起こっている可能性があります。 一度診させていただいたうえで、適切に診断いたしますのでお気軽にご相談ください。

歯が虫歯によりボロボロです・・虫歯治療をしたら痛みはあるの?

歯の状態と虫歯治療時の痛みの増幅とは必ずしも関係しませんので、あまりご心配にならずにお早めに当院へお越しください。 できる限り痛みに配慮して治療させていただきます。

虫歯があるけど、歯医者へ行くのが怖いです・・どうしたらいいの?

そうした方にもリラックスして通院していただけるように、当院ではできる限り痛みを抑えた「無痛治療」を心がけています。 痛みを心配するお気持ちはよくわかりますが、放置しているとどんどん虫歯が悪化してしまいますので、お早めにご相談ください。

一番上に戻る
072-648-7577WEB予約
WEB予約072-648-7577
9:30~13:30
15:00~19:00

:土曜日 午前9:30~12:30
午後13:30~16:00

    休診日:水・日・祝

    • 電車でご来院の方阪急京都線『茨木市駅』徒歩7分
    • バスでご来院の方近鉄バス 茨木線『阪急茨木市南口』下車徒歩1分
ご予約・お問い合わせ072-648-7577

〒567-0825 大阪府茨木市園田町1-5 A PARTII 1F

しょうえい歯科 歯の年齢診断プロ